脳性まひの方が高校受験で不合格なったことについてきょうだい児の僕が思うこと

こんにちは、クドウ(@malas_kk)です。

今日も気になるニュースがありました。

重度の脳性まひの男性が高校受験をしたら2年連続で同じ高校を不合格になったというニュースです。

今回はこのニュースに思うことを書いていきます。

この記事を書いている僕は知的障害を持つ兄がいます。
そこらへんの一般人よりも障害者とは関わりながら生活してきました。

きょうだい児って何?という人はこちらの記事をどうぞ!

【実録】きょうだい児の特徴4選を実体験を元に徹底解説

2018年11月26日

なぜこの高校にいきたかったの?

特別支援学校という選択肢もあったはずです

記事中には「この学校の雰囲気が好き」と今年も同校を志望。と書かれておりました。

志望理由はなんでもいいです。

ですが記事中には代読・代筆者や試験時間延長などの配慮を受け、他の受験生と同じ問題に挑んだ。と書かれています。

仮に合格して入学した後はどうする予定だったんでしょうか?

僕は以下の疑問が浮かびました。

疑問
・入試でさえ代読、代筆なのに授業の全面的なサポートは誰が行うのか?
・体育や家庭科など実技科目はどうするの?
・エレベーターがあるなど学校はバリアフリーなのか?

簡単に言えば入学後にちゃんと高校生活を過ごせるのかということです。

公立高校に看護師配置したり医療的ケアが必要な方を入学させるのは無謀なような気がします。
学校に受け入れのための設備がなかったら、それを整えなければなりませんし当然お金もかかります。

誰かの介助が無いと一人では学習できない状態では特別支援学校に進むのが良いと思います。

学校側の対応について

学校側の対応も問題があったと思います。

本当にその通りだと思いました。

最初から断っていたら良かったのではないでしょうか?

現状ではこの脳性まひの受験生に提供出来る環境にないと学校側が判断したので不合格にしたと思います。

学校の設備や人員には限りがありますから。

生徒を預かる立場として学校にも責任はつきまとうので無責任なことはできないでよね。

結局これは差別になるの?

これは差別とは言えないような気がします。

家族が通学含め学校生活を過ごす上で必要なケアをするスタッフを用意して他の生徒と変わらない学校生活を過ごせるようにしてそれでも入学が認められないとなれば差別になるかもしれませんが、ニュースを読むとそこまでは書いていないです。

障害者でも社会ができることとできないことがあります。

障害者だから全て配慮されるべきという考えは通用しないです。
学校側が受け入れが難しいと判断したのであれば従うしかないです。

まとめ

学校側も受け入れ体制がないなら最初から説明しておくべきでしたね。

障害者と健常者が一緒に学び合うというのは聞こえは良いですが課題はたくさんありますね。

*追記:違う高校に合格されたそうです

別の高校に合格されたみたいです。

おめでとうございます!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です