元ホンダ期間工がトヨタ社長の「終身雇用限界」発言に思うこと

こんにちは、クドウ(@malas_kk)です。

今日はコンビニで傘を買ったら、すぐ雨が止んでしまいました。

最近こんなニュースがありました。

トヨタ自動車の社長が終身雇用について語りました。

僕はトヨタ自動車の同業他社である本田技研工業で期間工として働いておりました。

家賃、光熱費無料!期間工のすすめ

2018.11.28

トヨタの社長がこのようなことを述べるのはすごいことだと思います。

今回は

終身雇用

について書いていきます。

スポンサーリンク

終身雇用はもう崩壊している

多くの人が感じていることではないでしょうか?

大学生の時に就職活動をしていた時も「終身雇用」はこの先完全になくなるようことを色んなセミナーで耳にしていました。

「終身雇用」が完全になくなれば、これまで考えられてきた「安定」の定義も変わってくるでしょう。

大企業に定年まで勤めあげることが安定ではなくなってきましたね。

自動車産業は期間工が支えている

自動車を製造する工場には多くの期間工が働いています。

僕もホンダの期間工として埼玉製作所の寄居工場におりましたが現場では正社員よりも圧倒的に期間工の方が多かったです。

それはトヨタや他の自動車メーカーでも変わらないと思います。

今回のニュースを見て思ったことがもしかしたら現場の正社員は今後減って期間工は増えていくのではないかということです。

期間工であれば一度契約しても最長2年11か月までしか雇用ができないです。
今後非正規雇用を増やしていくのであれば期間工の待遇も今より良くなるはずでしょう。

今でも期間工の待遇はトヨタが一番だと思います。

僕がホンダで期間工していた時にトヨタで期間工経験のある人と同僚におりましたが、ホンダよりトヨタの方が良かったみたいな話をよく聞いていました。

期間工情報に関しては下記のブログが参考になると思います。

スポンサーリンク

終身雇用の時代が終われば個人の時代なの?

このツイートの通り僕も疑問を感じております。

僕はフリーランスではありませんがブロガー界隈ではよく「個人の時代」という言葉を耳にします。
しかしながら僕は「個人の時代」の意味についてよくわかりません。笑

いきなり会社を辞めて独立もできないし、仮想通貨や投資で稼ごうとしても恐らく失敗します。
このブログもGoogleアドセンスからの収益はまだそんなにないです。

個人の時代の意味についてはこれから考えていきます。笑

ちなみに今、僕が取り組んでいることはブログをプログラミングです。

【ブログを開設して5ヵ月】ブログを続けて良かった

2019.04.25

文系卒外資系サラリーマンからWebエンジニアに転身しようと思った理由

2019.02.11
これらで成果をあげられるようにがんばります。笑

まとめ

終身雇用がなくなるに連れて雇用形態も変わってくると思います。

自分の身は自分で守りましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です