きょうだい児は親の介護と兄弟の世話もしなきゃいけないのか?

マラス
マラス(@malas_kk)です
こんにちは

今日も気になるニュースを見つけました。

このニュースを読んでいてとても悲しくなりました。

それと同時に他人事には思えないという気持ちがすぐに現れました。

今日は誰でも考えるであろう親の介護に加え、きょうだい児の悩みの一つでもある障害のある兄弟姉妹の面倒をみることについて書いていきます。

この記事を書いている僕は知的障害を持つ兄がいます。

きょうだい児って何?という人はこちらの記事をどうぞ!

きょうだい児とは?僕は障害者の「きょうだい」です

2018.11.26
スポンサーリンク

親の介護に加え障害をもつ兄弟姉妹の世話をするのはハードだ

マラス
冗談抜きで親と兄弟の将来の心配までしなきゃいけないのはとてもハードです

今回の記事で取り上げているニュースでも障害がある姉を介護していた母親が認知症になってしまったので、母と姉を殺害して逮捕されたという内容のニュースです。

もちろん殺人が正しいことであるなんて一切思いませんが、
ここまで至るに相当な苦悩や葛藤があったと思います。

親は子どもに自分の人生を歩んでほしかったんだと思う

マラス
ニュースには障害のある姉を母が一人で介護していたと書いてあります。
恐らくこれは母なりの子どもへの気遣いなんじゃないかと思います。

今年の初めに見てきたこんな夜更けにバナナかよという映画にもそんなシーンがありました。

【NOT 感動ポルノ】「こんな夜更けにバナナかよ」が良すぎた

2019.01.04

この映画では大泉洋さん演じる難病の主人公が親元を離れボランティアの人たちの世話になりながら暮らしています。
母が会いに来たら「帰れ」「クソババア」なんて言って追い払っていました。

「親には親の人生を生きてほしい、親には迷惑かけたくないという。」という気遣いだったと思います。

マラス
それと同じように立場は異なりますが今回のニュースも子どもには子どもの人生を生きてほしいという親の思いもあったのではないかと考えています。

僕は障害を持つ子どもの親の立場については当事者ではないのでわかりません。

きょうだい児を障害を持つ兄弟の介護要員と考えている親は少ないはずです。
きょうだい児にはきょうだい児なりの悩みがありますが親には親にしかわからない悩みがあります。

今回のニュースでは父は2017年に亡くなってしまい、障害を持つ姉の面倒を看ていた母は認知症を発症させてしまっています。
この事件が起きたときは二人を介護するために仕事も辞めていた状態です。

マラス
結局どうするのが正しかったんですかね。
スポンサーリンク

長生きすることが幸せなのか

マラス
僕は親と障害を持つ兄は将来どうすればいいのか考えると憂鬱になります。

僕は地元の岩手を離れ一人東京で暮らしています。
障害を持つ兄は両親と離れてグループホームで暮らしています。

この生活もいつまで続くかはわかりません。

家族に何かあれば僕が面倒を看なきゃいけないんだろうなとは考えています。

そうなると今の生活は180度変わってしまいます。
自分のことよりも家族を優先にするライフスタイルに。

マラス
仮にもしも僕自身が認知症だったり誰かに面倒を看てもらわないといけない状態になったら「尊厳死」を選びたいです。

誰かの負担になってまで生きていたくはないです。

絶縁するのはありなのか?

マラス
twitterでたまに家族と絶縁したきょうだい児のツイートを目にします。

親、兄弟と縁を切るというのも一つの選択肢になるとは思います。
実際に絶縁している方もいるでしょう。

しかし僕にはその選択肢は選べないです。

子どものころから障害のある兄を隠しながら生きてきた僕は罪悪感とともに生きてきました。
絶縁したらまた違う罪悪感とともに生きることになるような気がするからです。

今色々と考えても答えはでないので考えるのやめます!笑

マラス
今回はスッキリしない終わり方ですね。

まとめ

きょうだい児の人生はハードモードすぎるだろ!

これが一番言いたかったです。笑

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マレーシア大好き系日本人

1990年生まれ。
イチロー選手と身長と体重がほぼ一緒。
知的障害をもつ兄がいる
未経験からITエンジニアになりました。