きょうだい児で良かったって思ったことなんてない

こんにちは、クドウ(@malas_kk)です。

もうすぐ誕生日です

僕には知的障害を持つ兄がいます。
いわゆるきょうだい児と呼ばれる存在です。

きょうだい児って何?という人はこちらの記事をどうぞ!

【ブログ】きょうだい児とは?僕は障害者の「きょうだい」です

2018.11.26

こんな感じできょうだい児関連のブログをそれなりに書いてきました。

ですが僕は

“きょうだい児で良かった”

と思ったことは一度もありません!

今回はそんなことを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

障害者の兄弟姉妹がいるって大変だぞ?

ホント、マジで大変です。

このブログをはじめてからきょうだい児が集まるきょうだい会にも参加したりして色んなきょうだい児に会ってきました。

きょうだい児の方はぜひきょうだい会参加してみてください。

【メリット】きょうだい会に参加して良かったことを書いていこう

2019.08.01

色んなきょうだい児と会いましたが、

“きょうだい児で良かった”

というセリフは僕は一度も聞いたことがないです。

僕が出会った多くのきょうだい児はきょうだい児としての自分自身を肯定的に受け入れているようには見えます。
ですがそこまでたどり着くまでは色々な葛藤を乗り越えてきた方がほとんどでした。

僕もブログをはじめてからきょうだい児としての自分を受け入れられるようになってきました。

子どもの頃は障害を持つ兄を恥ずかしいと思っていましたし、きょうだい児という境遇が僕の一番のコンプレックスでした。

高校生、大学生の時は周りに

“兄弟はいません”

と言っていましたから。

小学生、中学生の時は兄のことで色々言われることがありました。
それがキッカケで自分を守るために嘘をつきはじめました。

ブログをはじめてから兄弟がいないという嘘はやめるようにしましたが、今でも初対面のひとに「兄弟はいるの?」と聞かれると体がビクッとします

うまく表現できないですがこの感覚わかりますかね?笑

触れてほしくないことに触れられたような感覚です。

これ以外にもきょうだい児じゃなかったらしなくていい苦労もたくさんありました。

高嶋さんの言う通りです。

“美談とか絶対ないから”

とあるチャリティー番組は感動路線に持っていかれますが現実はそうでもないと思っています。

僕は運命だと思っている

結局受け入れるところからはじめるしかないですよね。

僕の兄(自閉症)は僕よりも2歳年上です。
なので僕は生まれた時からきょうだい児です。

自分できょうだい児としての人生を望んできたわけではないです。

なんか知らない間にきょうだい児になってしまいました。笑

この記事を書いている現在僕は29歳です。
きょうだい児としての自分を受け入れられるようになったのは最近です。
もっと詳しく言えば2018年11月くらいです。この時期にブログをはじめました。

受け入れられるようになったというよりは受け入れるためにブログをはじめました。

一番最初に書いた記事とその次に書いた記事です。

「ブロガーと名乗ってみたい」プロフィール

2018.11.20

【ブログ】きょうだい児とは?僕は障害者の「きょうだい」です

2018.11.26

それと同時に兄弟はいませんと嘘をつくこともやめました。
学生時代ならともかく社会人になってからは聞いてくる人はほとんどいないのでこれは楽でした。

ブログをはじめて良かったですよ。
ブログのおかげで今まで負い目に感じていたきょうだい児として自分を受け入れることができつつあります。

こうやって文書を書いていると自分の考えを整理できたり、あとは好奇心も前よりもわいてきました。

スポンサーリンク

きょうだい児という境遇は自分の強みになった

ブログでネタにしてます。

きょうだい児って珍しいんですよ。

日本には

身体障害者436万人
知的障害者108万人
精神障害者392万人

がいます。

出展
厚生労働省のホームページより

障害者の数がこれだけいればその兄弟姉妹もそれなりにはいるってことですよね。
ですが僕の周りにはほとんどいない感じでしたね。子どもの時から。

僕も兄弟がいないと嘘をついてましたし、公表していないだけで案外いるのかもしれません。

要するにきょうだい児って限られた存在なんです。

だからきょうだい児ってネタになるんです。

障害は個性だ!って言われたりしますがきょうだい児という境遇は個性とまでは言えないですが強みに変えることはできると思っています。

僕はブログをはじめてからきょうだい児の境遇をネタにしてきました。

おかげで新聞の取材を受けることもありました。

【日本経済新聞】きょうだい児の経験を取材してもらいました。

2019.05.16

こうやってネタにしなきゃ僕自身がきょうだい児としての自分を受け入れられなかったです。

ブログをはじめたら友人も増えたし、会話のネタにもなるし今のところ良いことしかないです。
更新頻度をもっと高めたいというのが悩みです。

何か悩みを抱えていたらブログはじめてみるのもありです!
自分の悩みってオープンにすると意外と共感してくれる人がいますよ。

でもだからといってきょうだい児で良かったとは思ってないですよ。笑

いつか良かったと思う日がくるんですかね。

それより今は台風で家が壊れないか心配です。

注意
この記事を書いている2019年10月12日は台風19号が関東に上陸している最中です。
雨と風が激しい中ブログ書いてます。

まとめ

きょうだい児としての境遇について書いてきました。
良かったと思ったことはないです。

ただブログをはじめたおかげで少しずつ受け入れられてきたって感じがします。

何か悩んでいることがあれば自分からオープンにしていくことをおすすめします。
最初は僕も勇気がいることでしたが慣れるとそこまで気にならなくなります。

これからもブログ続けていきます!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です