【迷惑?歓迎?】障害のある子どもが普通学級に通うことについて

こんにちは、クドウ(@malas_kk)です。

アジアカップ初戦を観ながらブログ書いてます!
がんばれ日本!

*トップ画ヤフーニュースより

障害児が「普通にいる」クラス求め……「インクルーシブ教育」の壁 「公立」でも一緒じゃないという現実

本日もYahooニュースを見ていたら気になる記事を発見しました。
障害のある子どもが特別支援学級ではなく、普通学級で学ぶことに関しての記事です。

僕には知的障害を持つ兄がいます。
きょうだい児って何?という人はこちらの記事をどうぞ!

きょうだい児とは?僕は障害者の「きょうだい」です

2018.11.26
このニュースについてきょうだい児としての僕が思うことを書いていこうと思います。

✔︎本記事の内容

・普通学級より特別支援学級に通ったほうが良い
・親の気持ちより本人にとってどちらがよいかが大事
・障害のある子どもを普通学級に入れて何をしたいのか?を考えるべき
・きょうだい児は障害者と関わる大変さを知っている
スポンサーリンク

障害の度合いにもよるが特別支援学級に通った方が良い

何かしら障害があるのであれば特別支援学級に通った方が良いです。
日本では幼稚園や保育園を卒園すると小学校へ入学します。
健常児であれば特に意識することなく小学校にそのまま入学すると思います。

ですが、障害のある子どもの場合は特別支援学級か普通学級か選ぶことになります。

その子にとってはいいかもしれないが、他の生徒や児童にとってはいいとは限らないです。

障害の程度にはよりますが、一人の支援の為に他の子どもに我慢を強いるような状態になってはいけないです。
誰かのボランティアやお世話があることを前提に考えているのであればやめたほうがいいです。

普通学級は健常者が障害者サポートを学ぶ場所ではありません!

受け入れることになれば先生も普通学級の他の児童や生徒にとってはかなりの負担になります。

どこの学校に行くかどうかではなく、本人にあっているかどうかが大事です

特別支援学級ではなく普通学級に入れるのは親のエゴなのか?

障害を持つ子どもの親御さんの子どもを普通学級へ入れたいと思いは悪いことではないと思います。
そう思う背景にはいつかは健常者の子に少しでも近づいて同等になって欲しいという願いがあるんだと思います。

僕も子どものころは兄が普通の人のようにならないかなと考えたことがあります。

普通の兄がいて、普通の兄弟ってどんなだろう。。

こんなことを考えてももちろん何も解決にはなりません。
きょうだい児の僕ですらこんなことを考えているんですから親となればもっと色々と考えてしまっているんだと思います。

しかし親のエゴや気持ちより大事なのは本人にとってはどちらが良いのか?という当たり前の事です。

障害のある子どもが将来自立して暮らしていける能力を身につけることは、必ずしも普通学級に通わないと身につかいなんてことはないと思います。

スポンサーリンク

きょうだい児は障害者と生活する大変さを知っている

正直、障害者と一緒に生活するのはとても大変です。

きょうだい児は子どものころから関わっています。

障害者も健常者も同じ社会で生きているのだからお互いに理解し合う事はとても大切だと思います。

一般人
障害者とか関わりたくない

そのように考える人もいると思います。その考えが悪いとは思いません。

僕もきょうだい児でなかったら恐らくそういう考えにいたっていたと思います。

それで終わらせないでほしいです。
もう少し、客観的に知的障害の事を考えていただけるとうれしいです。
ここでいう理解してほしいというのは、優しくしろという意味ではありません。

関心を持ってほしいとうことです。

まとめ

本人にとってどちらがいいのかという当たり前の事が最も大事です。
背伸びしたり、高望みしたっていいことは何もないです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マレーシア大好き系日本人

1990年生まれ。
イチロー選手と身長と体重がほぼ一緒。
知的障害をもつ兄がいる
未経験からITエンジニアになりました。