僕は友達を作る才能がない

こんにちは、クドウ(@malas_kk)です。

日本シリーズ盛り上がってます。

みなさん友達っていますか?

僕はたまに飲みに行く友人がちらほらいるくらいです。
Facebookの友人も500人近くいますが1年に何回も会う人は10人もいないです。

小中高大、社会人と過ごしてきましたが

未だに友達の作り方がわかりません。

今回はそのことについて書いていきます。

スポンサーリンク

一人でいるのが結構好きだ

根本的原因はこれかもしりません。

一人って楽でいいですよ。本当に。

何かしよう、何か食べよう、どこか行こうと思っても、
誰と一緒にしようと考えることはまずありません。

一人で焼肉屋だって問題なく入れますよ。

他人に気を遣うというのがとても疲れるからです。

もっと言えば気が置ける人が少ないというのが理由ですね。

僕には知的障害を持つ兄がいます。
いわゆるきょうだい児と呼ばれる存在です。

【ブログ】きょうだい児とは?僕は障害者の「きょうだい」です

2018.11.26

友達がいないのをきょうだい児のせいにするつもりはないししたくはないです。

ですが高校生くらいから周りに兄弟はいないと言い続けてきました。
嘘をつきながら生きてきたということです。

なので本音で話せる友人というのがいないです。

よく高校、大学の時の友人は一生の友になるなんて言ったりしますよね?
それが当てはまるとしたら本当の自分を話せなかった僕に友達ができないのは当然なのかもしれません。

社会人になると職業にもよりますが新しく人と知り合うという機会が減ってきます。
知り合ったとしても深く仲良くなるということは少ないです。

大人になってから友達ができるってハードルが高くないですか?

20代後半になると周りは結婚していく人が多いですし、そうなると友人関係よりも家庭優先になります。

積極的に友達をつくる気もない

出会いを求めたりしないです。

見ず知らずの他人と会話をするのがとても面倒だと思っています。笑

きょうだい児のイベントにも参加してきましたがこれらは別に苦ではなかったです。
周りに兄弟の話をする必要もないし、自分の境遇に関しては特に隠す必要もないというのが大きな理由ですね。

プログラミングスクールにも通って、エンジニア関連のイベントにも参加したこともありますが誰かと深く仲良くなるということはまずありませんでした。

自分の目の前の人について知ろうとするのも面倒だし、自分を知ってもらいたいと思うこともないです。
なんか書いていて悲しくなってきました。笑

でもブログ関連のイベントではそうでもなかったです。

やっぱりブログっていいですよ。

ブログのおかげで自分が変わりつつあります。
誰かと会っても趣味はブログですって答えていますから。
それだけで会話のネタになります。

どんなことを書いているの?と聞かれてもおもにきょうだい児についてと躊躇なくこたえています。

ブログのおかげで自分をオープンにできるようになりましたから。

目の前で自分が書いた記事を読み上げられるというのはとても恥ずかしかったですが。笑

スポンサーリンク

友達を作るのに才能っていらない

友達をつくる才能ってなんだ?

って聞かれても正直分かりません!

こんな僕でも友達が全くいないわけではないし今不自由していることもないです。
友達が多ければいいというわけでもないですし。

一人でいるのも好きなのでストレスはないです。

友達は数よりも質ですよ。

SNSのつながりだったり、交流会などで一回しか会うことのない人を友人にカウントするのは違う気がします。

それに縁がある人とはなんだかんだ約束しなくても会うことになったります。

最後になりますが、

このブログにメッセージや相談を送ってこられる方がいます。
正直僕はとてもうれしいです。

なので皆さん遠慮なくなんでも送ってください!

僕のリア友は気軽に飲みとか誘ってくれてもいいよ?
もちろん気が向いたら喜んで参加するから。笑

まとめ

友達をつくる才能がないことについて書いてきました。

とりあえず一人は楽です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です