災害が起きた時に買い占めをするのはやめないか?

こんにちは、クドウ(@malas_kk)です。

台風19号すごかったですね。

台風19号はとんでもない台風でしたね。

大きな災害が起きるたびにこういう買い占めが起きてます。

今回の台風は前回9月に直撃した台風よりも大型のものが来るということなのでみんなそれなりに台風に備えようとしていたんでしょう。

みんな大げさすぎないか?

そう思いましたよ。
水、インスタントラーメン、パンなんかがほぼなくなっていました。

みんな焦りすぎじゃないですか?

今回は買い占めについて書いていきます。

スポンサーリンク

東日本大震災の時も同じことが起きた

あの時は本当にすごかった。

2011年に東日本大震災がありましたね。
僕は出身が岩手県なので区分的には被災者という立場です。
幸い家も無事だったし、周囲で亡くなった人がいたわけではなかったですが。

その時に初めて買い占めという状況を体験しました。

そりゃもう驚きましたよ。
スーパーやコンビニからモノが消えるし、ガソリンスタンドには長蛇の列ができるし。

なにもかも初めての光景でした。
ガソリンスタンドに入るのに交通整理が行われているとか。

その時も疑問に思いましたよ。

・スーパーで買い占めしている人たちは何日分を想定しているのか?
・ガソリンを給油するために並ぶひとたちはどこにいくんだ?

ほとんどの人が特に意味もなく買い占めをしていたと思います。
とりあえずあれば安心だからという理由でしょう。

結局買い占めても余らせるだけ

ちゃんと食べきれるの?

なんかデータがあるわけではないですが恐らくほとんどの人が余らせておわりじゃないでしょうか?

スーパーに行ってかごいっぱいにカップ麺やパン水なんかを詰め込んでいく。
スーパーやコンビニだって在庫は限られています。災害が発生すれば物流が滞るので入荷するのも遅くなります。

この言葉の通りだと思います。
買い占めをする人は自分さえ助かれば良いみたいな考えが強いんでしょう。

もちろん停電、断水がずっと続く中大変な思いで生活している人もいるかもしれません。
ですが少なくとも僕の家の近所はそこまで被害はなかったし、停電も断水も起きませんでした。

みんな不安に煽られて買い占めをやっていただけです。

そんな状態で「絆」とか「復興」なんて言ったってきれいごとにしか思えないです。

そして今回の台風19号でも震災の時ほどではないですが同じようなことが起きていました。

みんな過去の災害から何を学んだんでしょうか?

スポンサーリンク

普段からの備えが大事だよ

日頃からの準備って大事です。

災害が発生してからだと必要なモノが手に入らないという状態が続いたりします。
道路が壊れたり浸水していれば物流も滞るし避難所に行くことも困難になるかもしれません。

スーパーの買い占めに対して不満を言うどころかスーパーにすらいけない状態になる可能性だってあります。

そんな時は自分で何とかするしかないです。

非常食や防災グッズを1週間分あれば大丈夫じゃないですか?
災害状況にもよると思いますが。

例えば非常食防災グッズはこういうのなんか良いと思います。

ほとんどの人は自給自足という生活は難しいと思いますので日頃から備えておきましょう。

まとめ

災害時の買い占めについて書いていきました。

日頃からの準備が大切ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です