海外就職に失敗した僕がインドの現地採用を語る

こんにちは、クドウ(@malas_kk)です。

6月29日からインドに行っています。

デリーバラナシと来てこの記事を書いている今はコルカタにいます。

デリー近郊のグルガオンという都市に行った時にインドにある日系企業で働く日本人の友人と会いました。

企業からの辞令で来る駐在という立場ではなく転職エージェントで求人を紹介してもらって自らインドに来た現地採用で働いていました。

今回はインドで働くすごさについて書いていきます。

バラナシではこんなこともありました。

インドのガンジス川で沐浴したら高熱と下痢に苦しんだ話

2019年7月9日

現地採用とは?

簡単にいえば海外に行って働くことです。

企業からの辞令だと駐在国は選べませんが現地採用だと自分で仕事を探すことになるので国を選んでからエージェントを選んで求人探しができます。

企業の駐在員よりかは待遇などは劣るのかもしれませんが若くして海外で働きたいと考えている人には適しているかもしれないです。

ちなみに僕は海外で働こうとして失敗しています。

【実話】新卒で海外就職したら失敗した話

2019年2月4日

しっかりした調べをして計画的に行動することが大切です。

インドは住みやすいとは思えない

日本の生活になれた人がいきなりインドで生活するのは大変どころじゃないです。

僕は旅行でしかインドを見てないですがインドで生活できるかと言われたら自信はないです。

・牛肉は食べられないなど食事の制約
・温泉や銭湯にいけない
・交通マナーがよくない
・インド人との付き合い方を知らない
・娯楽が少ない
・病気にならないか心配

などなどあげるとこんな感じです。

インドで働いた経験があればどこでもやっていけそう

そんな感じがします。

今回会った僕の友人もそんなことを言っていました。

この友人はイギリスに留学経験があるし僕と一緒にマレーシアにも行っています。
海外経験は色々と豊富です。

やっぱりインドってそういう国なんですね。笑

僕も13日間という短い期間でしたがインドは今まで行った国の中で一番おもしろくかつ大変でした。

グルガオンってすごい

インドって感じがしませんでした。

友人がデリーの隣のグルガオンという街で暮らしていたのでグルガオンで会いました。

六本木にいるのかって錯覚しそうですね(大げさですか?)

グルガオンはインドの新興都市みたいです。

今回の旅ではデリー、アグラ、バラナシ、コルカタにも行きましたがグルガオンだけ雰囲気が異なりました。
ビジネス街って感じです。

観光でくるような場所ではないので観光客は僕ぐらいしかいませんでした。笑

まとめ

インドは経済成長率も高いし中国や東南アジアよりも伸びしろがあると思います。

インドの現地採用にぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です