【警告】”080-0600-0600″からの電話を無視してはいけない理由

「いきなり”080-0600-0600″から電話かかってきたけどなに?」

知らない電話から電話がかかってくると不安ですよね。

最近はよくわからない詐欺や事件もあるからなるべく非通知や知らない番号からの避けたいです。

しかし僕はビビビながらもその番号の着信に出ました。

“080-0600-0600″の正体は日本年金機構から業務委託を受けている株式会社バックスグループからの着信でした。

結論から言うと、”080-0600-0600″からの着信は無視しないほうが良いです。

この記事では

  • なぜ”080-0600-0600″からの着信があるのか
  • “080-0600-0600″からの着信を無視し続けたらどうなるのか
  • 国民年金は払ったほうがいい

を紹介します。ぜひ最後までお読みください!

なぜ”080-0600-0600″からの着信があるのか

着信が来たとき最初は驚きました。

“080-0600-0600″って特徴的な番号だなって。
080からはじまる番号だったので個人の携帯からだと思ってでました。

その電話にでてみると、

「わたくし、日本年金機構から業務委託を受けて、国民年金保険料に関する各種案内を行なっている株式会社バックスグループの〇〇と申します。」

と名乗ってきました。

ちなみにバックスグループのサイトはこちらです。

そして続けて、

「〇〇(僕の本名)様の携帯でお間違いないでしょうか?」

と確認も。

そこから会話を続けていきました。

そしてこの電話はなんのためにかかってきたかというと、

“国民年金の保険料に未納”

があったからです。

この記事を書いている僕は現在無職で国民年金を納めることになっています。
先月分を払うのを忘れていました。

もちろんわざとではありません!笑
ついうっかりです。

家に振り込み用紙はすでに送られてきているので、
ちゃんと振り込みました。

これで一件落着です。

“080-0600-0600″からの着信を無視し続けたらどうなるのか

“080-0600-0600″からの着信を無視するのはやめたほうがいいです。

“080-0600-0600″は振り込め詐欺やテレアポなどの営業の電話ではありません。

国民年金の保険料に未納がある人にかかってくることが多いです。
電話は出た方が良いでしょう。

簡単に言ってしまえば”080-0600-0600″は催促の電話です。

“080-0600-0600″からの電話を無視するとまたさらに催促がくるでしょう。

さらに催促を無視し続けていると銀行口座が差し押さえられる可能性もでてきます。

国民年金を払えない場合は相談したほうがいい

“080-0600-0600″からの電話はとりあえず出ましょう。

電話に出て払えないと答えたからと言って、怒られたり家に乗り込んでくるということはありません。

国民年金についてはお住いの市町村の窓口で相談するのが一番です。
そしてなるべく”080-0600-0600″からの電話はかかってこないようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です