【体験談】男一人旅でマレーシアをおすすめする理由8選

「男一人旅でマレーシア行っても楽しいの?」
「クアラルンプールって大都会なの?」
「ボルネオ島の海ってどうなの?」

初めてのマレーシアのひとり旅・・・!
魅力的だけど少し不安もありませんか?

心配ご無用です!
僕はマレーシアの街も海も一人で楽しんできました。

ちなみにこの文章を書いている私はマレーシア留学経験もあり、何回も渡航するほどのマレーシア好きです。

芸能人のGACKT(ガクト)さんが移住したことで一時期話題になりましたがマレーシアに行ったことある人は少ないです。
男一人でも楽しめるマレーシア観光の魅力を書いていきます。

男一人旅でマレーシアを楽しむためにこの記事では

  • クアラルンプールの良いところ
  • ボルネオ島の良いところ
  • 僕のマレーシア旅行の体験談

について紹介します。

ぜひ最後まで読んであなただけのマレーシアを見つけてください。

マレーシアの基本情報

国名マレーシア
首都クアラルンプール
人口約3000万人
公用語マレーシア語(英語も広く使われる)
観光都市ペナン、マラッカ、ジョホールバル、コタキナバルなど
気候熱帯気候なので年中暑い
物価基本的に安い。500mlのコーラが約80円
食事マレー系、中華系、インド系の料理が中心
国民性明るく陽気な人が多い
注意
ビールなどアルコール類は高いです。

男一人旅で大都市満喫!クアラルンプールのおすすめポイント5選

マレーシアに行ったことがない人、海外旅行は初心者だという人には、
首都のクアラルンプールに行くことをおすすめします。

【1.交通機関が豊富】


海外に行くと公共交通機関がどうなっているか、心配ですよね?
安心してください。クアラルンプール市内は鉄道が走っていますので移動は便利です。

クアラルンプール空港から中心部のKLセントラル駅までKLIAエクスプレスと呼ばれる電車と直通のバスがあり、交通の便が良いです。

KLセントラル駅は日本語表記もありますので初めての方でも迷わず移動できます。

マレー鉄道に乗ればジョホールバルや隣国のシンガポールにも行けます。

【2.マクドナルドやスターバックスなどWi-Fiが使える場所が多い】

海外旅行といえばネット環境も気になりますね。

クアラルンプール市内では日本でもおなじみのマクドナルドやスターバックスが色んな場所にあります。

そこにいくと問題なくWi-Fiは使えます。
YouTubeもちゃんと視聴できたので速度も大丈夫!

オールドタウンコーヒーというマレーシアで人気のコーヒーチェーンでもWi-Fiは使えます。

マクドナルドやスターバックスよりも店舗は多いので色んなところで見かけます。

注意
Wi-Fiをいつでも使いたいという方は日本からポケットWi-Fiをレンタルしていくのが一番です。
補足
Sakura mobileのwi-fiはボルネオのジャングルでもつながりました。笑

もちろんクアラルンプール市内にも公共のWi-Fiはありますが、セキュリティの面を考えるとホテルや店舗のWi-Fiを使用することをおすすめします。

【3.お店や通行人に英語が比較的通じる】

観光をするうえで気になるのが言葉ではないでしょうか?
日本語は通じないのはみなさん承知だと思います。

クアラルンプールは英語でコミュニケーションが取れます。
駅で切符を買うときも、マクドナルドの店員も、タクシーの運転手も英語が話せる人が多いので意思疎通はなんとかなります。

レストランのメニューも駅の案内も英語での表記はほぼ確実にあるので困ることはないでしょう。

【4.食の選択肢が豊富】


「食べ物が合うかどうか不安だなあ。」
海外旅行の心配事の一つに食事があると思います。
エスニックは苦手な人もいるかもしれませんがぜひトライしましょう。

クアラルンプール市内にはたくさんのレストランがあります。
地元のマレーシア料理から中華料理、韓国料理、和食、洋食なんでもそろっています。
迷ったらクアラルンプールのパビリオンというショッピングモールにあるフードコートは特におすすめです。
色んな国の料理のお店があり、回転寿司だってあります。

もっとマレーシアの料理を食べたいという方にはパビリオンからも歩いて行ける場所にあるジャランアローと呼ばれる屋台街に行くことをおすすめします。
ローカルのマレーシア料理が楽しめ、値段も安いです。

ちなみにおススメのマレーシア料理はチキンライスです。
日本人の味覚にも合います!

【5.ナイトスポットが充実している】

「海外に来たから夜まで思いっきり楽しみたい!」

もちろんクアラルンプールはナイトスポットも豊富です。
色んな出店があるナイトマーケットもあります。

クラブでしたら東南アジア最大級のZouk(ズーク)がおすすめです。
外国人も多くて国際的なクラブな雰囲気でした。
怪しい感じもなかったですし、普段クラブに行かない僕でも楽しめるような場所だったので初心者にもおすすめできます。

男一人旅で大都市満喫!自然を堪能したいならボルネオ島のおすすめポイント3選


クアラルンプールの大都会よりも自然いっぱいの場所に行きたいという人にはボルネオ島のコタキナバルという都市に行きましょう。

コタキナバルは日本からの直行便はありませんが、クアラルンプールから飛行機で1時間弱で行くことができるのでアクセスも良いです。

コタキナバルもクアラルンプールと同じように英語は通じますし、
マクドナルドやスターバックスもありますのでWi-Fiにも困ることはないでしょう。
レストランも多いですので食だって楽しめます。

ただクアラルンプールよりも交通機関が乏しいです。
市内の移動はタクシーを使うことが多くなると思います。

コタキナバル空港から市街地に行く手段としてはエアポートバスとタクシーがあります。

エアポートバスを利用した場合、大人が一律RM(マレーシアリンギット)5(約127円)、12歳未満の子供がRM3(約76円)。
所要時間は約40分です。

下記がエアポートバスの時刻表です。

コタキナバル市内→空港空港→コタキナバル市内
08:0007:30
08:4508:45
09:3009:30
10:1510:15
11:0011:00
11:4511:45
12:3012:30
13:1513:15
14:0014:00
14:4514:45
15:3015:30
16:1516:15
17:0017:00
17:4517:45
18:3018:30
19:1519:15
20:00
20:30

詳しくはこちらのサイト(英語のみ)をご確認ください。

タクシーを利用した場合、空港から市内までの料金の目安はRM30(約770円)~35(約890円)。

コタキナバルを移動する際は配車アプリ「Grab」を利用することをおすすめします。

自然に関するアクティビティが豊富

これはもうコタキナバルの一番のメリットですね。
コタキナバル近郊にはキナバル山という富士山よりも高い、4000m超えの山があります。
登山するのも良し、近くに行ってラフレシアを見てポーリン温泉に行くのも楽しいです。
ポーリン温泉は水着で誰でも無料で入れますよ!

山もあれば海もあります。
気軽に離島リゾートに行くことができるのがクアラルンプールにはない魅力です。
コタキナバルからすぐに行ける離島の代表としてサピ島があります。
海の透明度が抜群のサピ島は、美しいサンゴ礁と熱帯魚が見られるスポットで、シュノーケルなどマリンアクティビティを楽しみましょう。

サピ島よりも僕がおすすめするのはマンタナーニ島という離島リゾートです。

めっちゃきれいじゃないですか??
実際はもっときれいでしたよ。

コタキナバルからは現地ツアーを申し込んで一日かがりで行くことになりますが、ここの海はとても今まで見てきた海のなかで一番きれいです。

隣国ブルネイに日帰りで行ける

「マレーシアにきたけど、気軽に近隣国にも行けないかな」
そんな時はコタキナバルから飛行機で45分で行けるブルネイに行きましょう。

ちなみに1日1便のバスもあります。
コタキナバルからブルネイの首都バンダルスリブガワンまで約8時間30分かかりますが。
ただ片道100リンギット(約3000円)なので飛行機よりは財布に優しいです。

首都バンダルスリブガワンには世界最大の水上集落があります。
移動手段は橋を歩くか、水上タクシーというゲームのダンジョンのような街です。
マレーシアに飽きたら行ってみると良いかもしれません。

フィリピンが近いので美人が多い

 

この投稿をInstagramで見る

 

bling✨有了白帥帥的牙齒
有沒有一見我就傾心💖

感謝楊醫生及牙醫診所的貼心😘 @drtaweiyang @yumingfb0100

JoyceChu四葉草(@syc_joycechu_)がシェアした投稿 –

フィリピン人の女の子ってかわいいと思いませんか?
そう思うのは僕だけですかね。笑
コタキナバルのあるボルネオ島はフィリピンのすぐ近くにあります。
その影響かフィリピン系の人を見かけることが多いです。

逆にクアラルンプールには多くいた中華系の人は少なかったようなきがしますね。

コタキナバルのマッサージ屋、パブなんかに行くとフィリピン系の女性が多くいました。

クラブのような場所はないのは残念ですが。

【体験談】男一人旅でクアラルンプールとボルネオ島に行ってみた


僕は基本的に旅行に行くときは一人です。
もちろんマレーシアだって楽しめますよ。

クアラルンプールでは2泊3日で以下の場所に行ってきました。

  • チャイナタウン
  • リトルインディア(インド人街)
  • ペトロナスツインタワー
  • パビリオン(ショッピングモール)
  • ジャランアロー(屋台街)

ペトロナスツインタワーの展望台はクアラルンプール市内を一望できます。

ボルネオ島のコタキナバルでは3泊4日で以下のような場所に行ってきました。

  • キナバル山の麓にあるポーリン温泉
  • 離島(サピ島、マンタナーニ島)
  • スリアサバ(ボルネオ島で一番大きいショッピングモール)
  • ナイトフードマーケット

バスでブルネイに行ってそこから帰国しました。

都市的な部分も、山も海も楽しめるマレーシアはとても良い場所です!

日本からのアクセス

日本からマレーシアへは東京(成田・羽田)、大阪(関西国際)、札幌(新千歳)からクアラルンプールへ就航しています。

東京と大阪はともかく、札幌からも直行便があるのは驚きですね。
各空港の就航している航空会社は以下の通りです。

羽田空港発着便
「全日空」
「エアアジア」

成田空港発着便
「マレーシア航空」
「日本航空」
「全日空」

関西国際空港発着便
「エアアジア」

新千歳空港
・エアアジア
東京も大阪も札幌もLCCのエアアジアが就航しているのは助かりますね。
その他中国(主に上海)や香港経由の便など多くの便が就航しています。

注意
コロナの影響でフライトに変更になる可能性あり

ぜひあなただけのマレーシアを見つけてきてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です