未経験エンジニアがITパスポートに合格した【勉強法も解説】

こんにちは、クドウ(@malas_kk)です。

寒いです

タイトル通りです。

ITパスポートの試験を受けてきました

良かったです。

今日は役に立つかどうかわかりませんが合格体験記書いていきます。

参考書1冊をやり遂げる

勉強法って人それぞれ千差万別色々あると思いますが、

僕は参考書1冊をやり遂げて過去問をひたすら解くという勉強をしておりました。

僕は栢木先生の参考書を使っていました。

知識0からの状態ではじめましたが合格できました。
この参考書を読むだけでなく、ノートに書きながら覚えるという方法を5回行いました。

僕は物覚えがよくないのでこの方法でなんとかやりました。笑

栢木先生の参考書はおすすめなのでぜひ使ってみてください。

参考書の学習を終えたら過去問を解く

参考書を解き終えたらひたすら過去問を解きまくります。

過去問は書店でも売っておりますが、
ネットで無料で受検できます。

ITパスポート過去問道場というサイトで無料で公開されています。

すばらしいサイトですね。
僕は春秋10年分を4回は最低限解きました。

それだけやれば受かるでしょう。

ITパスポートは役に立つのか

ここですよね。
僕は未経験からエンジニアになりました。

プログラミングスクールには通いましたがIT系の資格は持っていませんでした。

IT系の知識もほぼない状態でした。
でもITパスポートを学習したおかげで基礎的なことは身に着けたかなとは思っています。

エンジニアになる前に取っておけば良かったなって思いました。
履歴書にも書けるし。笑

ITパスポートを取ることができたので次は基本情報を取ろうと思います。

未経験からエンジニアを目指す方にはおすすめできる資格です。

まとめ

ITパスポートに合格しました。

参考書1冊と過去問を解きまくれば受かりますのでぜひ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です