【宣伝】室内有機水耕栽培場で障害者の雇用を促進!

こんにちは、クドウ(@malas_kk)です。

アメリカ大統領が来日して盛り上がっていますね。

今年の3月に障害者の施設に行ってきました。

きょうだい児が障害者の福祉施設に行ってきた!

2019年3月7日

その時に一緒に参加された方がクラウドファンディングをされています。

それに伴いクラウドファンディングをはじめたので今回は宣伝の記事です。

この記事を書いている僕はきょうだい児です。

【実録】きょうだい児の特徴4選を実体験を元に徹底解説

2018年11月26日

何をするの?

障害者の就労・収益確保を目的に、有機農業を慣れ親しんだ福祉施設内で実現します。

作物を育て販売することにより、社会の一員であることを実感し「生きがい」「笑顔」が育ちます。
障がいのある方に実証栽培をしてもらいマニュアル化し、全国の障害のある方の福祉施設に届けます。

*クラウドファンディングのホームページより引用

とてもすばらしい取り組みだと思います!

障害者施設の見学に行った時に藤原さんにお会いしました。
僕はきょうだい児という理由で見学に参加しましたが、藤原さんは「障害者雇用に関心がある」という理由で参加されていました。

そして実際にプロジェクトが始動しました!

室内有機水耕栽培とは

正直、僕もわかりません。笑

詳しくはクラウドファンディングのページにありますのでご覧ください!

障害者雇用の促進

2018年は障害者雇用が注目された年でした。

2018年に障害者雇用水増し問題が起きました。

【障害者雇用水増し問題】障害者は働けないのか?

2018年12月11日

世間では人手不足と叫ばれていますが障害者雇用はなかなか進まないです。
(もちろん色々と難しい部分もたくさんありますが。。)

藤原さんの室内有機水耕栽培は障害者雇用の促進にもつながるはずです。

こんなすごいものを作ったのは誰?
障害のある人たちですよ!

近い将来こんな未来がまっているかもしれません。

まとめ

室内有機水耕栽培で障害者の雇用を促進をするプロジェクトを紹介しました。

ぜひ応援お願いいたします!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です