きょうだい児が学校でいじめを受けても親には言わない理由

僕には知的障害を持つ兄がいます。
いわゆるきょうだい児と呼ばれる存在です。

最近気になるYouTube動画を見つけました。

きょうだい児が学校でいじめを受けた場合に親としたらどうしたらいいのかという内容です。
動画自体は悪いものではないですが、僕としては疑問が残る内容でした。

親に学校でいじめられているなんてまず言いません


動画内では娘さんが学童で「お前の弟、頭おかしくね?」と言われたことから話が始まっていきます。

そのことをお母さんが学童の先生にお話をして解決をしていくというスタイルです。
これはこれで問題はないです。ぶっちゃけなんも参考にならなったけど。笑

心の声
大変なのは中学、高校以降ですよ

ただ現実はもっと残酷なことが多いです。

ほとんどの人は、

学校でいじめをうけていることを親に言えません。

これはきょうだい児とか関係なくいじめ全般に当てはまるものだと思います。

親を悲しませたくないから

なぜ「学校でいじめをうけている」ことを親に話さないかというと、

“親を悲しませたくないから”

本当にそうなんですよ。
いじめを受けているということよりもいじめを受けていることを家族に知られるということに恥ずかしさを覚えるんですよ。

「いじめで自殺した」みたいなニュースを見ると、

心の声
自殺してしまった子はとても良い奴で、もう一人で抱え込むのが限界だったんだなあ

思いながら見てます。

ましてやきょうだい児なら、

“学校で兄弟姉妹のことで馬鹿にされたり、いじめられています。”

なんてまず言えないですよ。
親が余計悲しむことだって子どもでもわかりますから。

自分が悪いんじゃないかと思われるから

「兄弟姉妹が障害者だから学校で馬鹿にされる」これを親に仮に言えたとします。
いじめられてることを親に相談するときって、すごく勇気がいることですよ。

それはもう不正を働いている企業の社員が内部告発をするかのごとく。

親に話せたとしても

“あんたが悪い”
“あんたがちゃんとお兄ちゃんのことを説明してないんでしょ”

みたいなことを言われるのが怖いんですよ。

僕は親に「兄のことで馬鹿にされる」なんて言えなかったので、このような経験はしていないですがカミングアウトしていたら上記のようなことを言われていたと思います。

親も先生も信用できなかった

子どもの頃から僕は人を信用するということが苦手です。
これはきょうだい児全般に当てはまるかどうかはわかりませんが。

僕の両親は結構喧嘩が多かったです。

小学生の頃からそれを見てきているので、親に何かを相談するという行為自体に抵抗を持つようになってしまった気がします。

心の声
アダルトチルドレンってやつなのかなあ

先生にも相談しようとか考えませんでした。
相談して解決するようには思えなかったし、なぜかより大事になっていくような気がしたからです。

じゃあどうすればいいのか


結局、どうすればいいのか?

僕に兄弟姉妹はいませんって言っても問題ない

僕は高校生、大学生、社会人の途中まで、周りに「きょうだいはいません」と言いながら過ごしてきましたよ。
これは本当に楽です。

それ以上に周りは家庭事情に興味を持つことはないですから。
僕の家族事情を知っている人が同じ高校にはいなかったという良い条件も重なったというのもありましたが。

でもこれのデメリットは

“常に嘘をつきながら生きる”

ということです。

嘘も方便ではないですが、少々罪悪感はありました。笑
このブログを書いている現在29歳ですが嘘をついていたことに関しては後悔などはないです。

自分が強くなるしかない

正直、自分の力でなんとかするしかないです。

先生や親を頼りにできるのであればそうしてください。
僕みたいにそうじゃない人もいるかと思います。

僕みたいにどうしようもない時は「友達を作らない」という選択もありです。
中学、高校、友達付き合いがなくてもなんとかなります。笑

形だけの友人や合わない人、嫌いな人と一緒にいたって辛いだけだし、ストレス半端ないです。
中学時代は兄のことで色々馬鹿にしてくる人がいましたが、僕の方から相手を拒絶してました。
同じクラスだった人たちなんて卒業したら9割以上はもう二度と会うことないです。

そんな僕でも大学時代は友人だってできたし、友人の結婚式だって参加したことあります。

まとめ

きょうだい児がいじめにあっても親には言わないことについて書いてきました。

いじめや偏見なんてなくなることはありえません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です