「きょうだい児」という言葉は差別用語なのか?

こんにちは、クドウ(@malas_kk)です。

twitterを眺めていたらこのようなツイートが流れてきました。

きょうだい児という呼び方は差別用語ではないかという意見です。

この記事を書いている僕は知的障害を持つ兄がいます。きょうだい児です。

今回はきょうだい児という呼び方に対して僕が思うことを書いていきます。

✔︎本記事の内容

・きょうだい児という言葉は差別だとは思わない
・アイデンティとしての認識もある
・言葉よりもその言葉が持つ意味のほうが大切

そもそもきょうだい児とは?

障害者の兄弟姉妹のことをいいます。
僕も知的障害を持つ兄がいます。きょうだい児です。

【実録】きょうだい児の特徴4選を実体験を元に徹底解説

2018年11月26日

差別用語だとは思わない

僕は差別だとは思っていないです。

普段の生活できょうだい児という自分を意識することはないです。

他人
よお!きょうだい児

なんて呼ばれたこともないです。

きょうだい児という言葉自体まだ知名度はとても低いと思います。

子どものころは兄が障害者ということで悪口みたいなことは
言われることはありましたが「きょうだい児」うんぬんで呼ばれたことはありません。

きょうだい児という呼び方に救われた?

こんなツイートもありました。

きょうだい児を自分のアイデンティとしてとらえるという考えは僕にはありませんでした。

救いになったというのは少し共感できる部分はあります。
きょうだい児という言葉を知った時に僕と同じように悩んでいる人がいるんだという安心感がありました。

呼び方は問題ではない

きょうだい児といっても抱えている問題は人それぞれ異なります。
それぞれが様々な悩みや苦労があると思います。

言葉よりもその言葉が持つ意味やその言葉に含まれる気持ちが大事ではないでしょうか。

きょうだい児として認めてもらえるだけで救われる方も実際にはいます。

きょうだい児という呼び方は気に入っていない

差別意識は感じませんがもっと他の呼び方がないのかなと個人的には思っています。

もっとかっこいい呼び方ないですかねえ。。

今度考えてみます。笑

まとめ

きょうだい児という言葉はとらえ方は様々です。

言葉の意味をもっと考えてみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です