バラナシの日本人宿ルドラゲストハウスをおすすめする理由3選【体験談】

「バラナシで日本人宿を探している」
「ガンジス川の近くに泊まりたい」
「はじめてのインド色々不安だなあ」

僕もインドに初めて行くときはとても不安で色々と考えていました。
バラナシに行ってガンジス川で沐浴するという目的もあったので宿選びも重要でした。

そんな不安を解消してくれる日本人宿がありました。
ルドラゲストハウスです。

この記事では、日本人宿ルドラゲストハウスの

  • 基本情報
  • おすすめする理由
  • 実際に宿泊した僕の体験談

を紹介しています。
ぜひ最後までお読みください。

ルドラゲストハウスとは?

バラナシにある日本人女性が営む日本人宿です。

日本人女性のルドラあきこさんとインド人の旦那さんのサンちゃんが経営しています。
サンちゃんは日本語ペラペラなのでコミュニケーションに関しては困ることはないです。
僕が行った時はヘルパーで日本人のたくみ君というイケメン青年がいました。

このお三方にはとてもお世話になりました。
本当にありがとうございました。

ルドラゲストハウスまでの行き方


僕はバラナシ空港から行ったのでそこからの行き方を書いていきます。

ちなみにデリーからバラナシまでエアインディアで片道4750円で行けました。
電車だと15時間はかかりますが飛行機だと1時間30分で着きます。
デリーからバラナシまでは約700kmあります。
東京から青森と同じくらいの距離です。
日本の国内線のフライトと比べたらかなり安いですよね。

バラナシ空港に着いたらすぐに空港からは出ずプリペイドタクシーの手続きをしてプリペイドタクシーに乗ってください。

注意
空港から出たら客引きが待ってますのでご注意を!笑

バラナシ空港からゴードリア交差点(Godoria)まで行ってください。
ルドラゲストハウスは路地の奥にあるので車もトゥクトゥクも入れません。

空港からゴードリア交差点までプリペイドタクシーで800ルピーで行けました。

もし不安であれば車またはトゥクトゥクでの送迎を頼めますのでそちらを利用するのもありです。

詳しくはホームページに行き方が書いてありますのでそれをご参照ください。

日本人宿ルドラゲストハウスをおすすめする理由3選

【理由1】1泊300ルピー(約470円)で宿泊できる

ドミトリーであれば1泊300ルピーで宿泊できます。
もちろんエアコン、ホットシャワー付きで部屋でWi-fiも使えます。

注意
インドは暑いのでエアコン無しのホテルはやめたほうがいいです。

参考までにバラナシにあるサンタナゲストハウスという日本人宿の宿泊料金です。

わずかですがルドラゲストハウスの方が安いですね。

【理由2】とてもアットホームな雰囲気

ルドラゲストハウスの良いところは「ただいま」と言いたくなるような雰囲気です。

もうみんな自分の家みたいにくつろいでますね。笑
僕もこんな感じで過ごしました。

日々色んな人がきてアットホームなゲストハウスでした。

【理由3】徒歩圏内にガンジス川がある

ルドラゲストハウスの近くにはあの有名なガンジス川が流れています。
バラナシに来る人の目的はガンジス川ですよね??

ルドラゲストハウスからは徒歩5分もかからずガンジス川に直行できます。

僕はルドラゲストハウスで海パンに着替えました。
その上にTシャツと半ズボンをはいて写真を撮るためのスマホだけを持ってガンジス川に行きました。

【体験談】僕はルドラゲストハウスに命を救われた

僕はバラナシ滞在中に高熱と下痢で2日間寝込んで動けなくなりました。

その時は本当に

死ぬかと思いました。

なぜ寝込むことになったかというと

ガンジス川で沐浴したからです。。。

詳しくはこちらで記事にしています。

インドのガンジス川で沐浴したら高熱と下痢に苦しんだ話

2019年7月9日

ちなみにこの時病院には行きませんでした。
ゲストハウスの主であるあきこさんに薬をもらい安静にして過ごしていました。

この2日間はもう地獄のような日々でした。
薬のおかげでなんとか快方に向かいました。

本当にありがとうございました。

あの時はとても辛かったですがガンジス川に入ったことは後悔していません。
ただもう二度と入ろうとは思いません。笑

ガンジス川は入らなくても朝日はきれいだし火葬場もあるので行くだけでもおすすめです。

ガンジス川の火葬場で「生」と「死」について考えてきた

2019年7月20日

バラナシにあるルドラゲストハウスについて紹介しました。

バラナシに行かれた際はぜひ行ってみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です