インドのガンジス川で沐浴したら高熱と下痢に苦しんだ話

こんにちは、クドウ(@malas_kk)です。

2019年も残り半分になりました。

6月29日からインドに行っています。

デリーバラナシと来てこの記事を書いている今はコルカタにいます。

インド旅はネタ満載なのでインド旅に関しては旅が終わったら別途記事にいたします。

今回書くのはバラナシという都市を訪れた時の話です。

バラナシでガンジス川という聖なる川で沐浴をしました。

ガンジス川に入った後は本当になんともありませんでした。
下記がガンジス川に入った次の日のツイートです。

ガンジス川で沐浴した結果。。。

高熱下痢2日間寝込むことになりました。

スポンサーリンク

そもそもガンジス川とは?

ヒンドゥー教徒にとって神聖なる川です。

Wikipedia情報によると全長は2520kmでおそらく日本列島よりも長いです。

上記のツイートのとおり地元の人たちにとっては生活の一部になっていましたね。

聖なる川なので火葬した灰を流したりしています。

そしてガンジス川はとても汚い川です。

洗濯もしてるし排泄もしてるし牛も泳いでいるし死体も流れていたりするし(これは見なかったけど)。
そんな色々なことが起きている川には病原菌が潜んでいます。

ちなみに赤ちゃんや妊婦、自殺した人なんかは火葬されずにそのまま流されます。

インド人は身を清めるためにガンジス川で沐浴しますが何にも免疫のない日本人がガンジス川で沐浴するのはとても危険なことです。

注意
ガンジス川で沐浴は自己責任で行ってください。

あの有名女優もガンジス川でバタフライ?

ドラマがあったみたいですが僕は見たことないです。

「ガンジス河でバタフライ」というドラマが昔あったようです。

主演は有名な長澤まさみさんです。

正直、本当に泳いだのかどうかは僕にはわかりません。

もし泳いでいたら身体に変化はなかったんですかね。

ガンジス川で沐浴した感想

程よく冷たくて気持ち良かったです。

僕が行った時は最高気温が34度近くまでありました。
とても暑いです。

水浴びとしては最高でした。

僕は午前中に沐浴しましたがその日は特に体調の変化は一切ありませんでした。

僕はバタフライもしましたし頭も水の中に入れしっかり潜りました。

まさか次の日あんなことになるとは。。

ガンジス川は沐浴しなくてもこのプジャーという礼拝を見るだけでも良いと思います。

僕もしっかりお願いしておけば良かった。

地獄の2日間

異変が起きたのは沐浴した次の日の正午ぐらいです。

この日の午前中はガンジス川沿いを散歩していたのですが途中で具合が悪くなりました。

外はとても暑かったので熱中症になったと最初は思いました。
すぐに泊まっていたゲストハウスに戻りました。

しかし段々頭痛が激しくなり、とてつもない高熱腹痛が襲ってきました。

正直経験したことのない辛さです。

この時熱を計りましたら

39度でした。

冗談抜きで死ぬかと思いましたよ。

泊まっていたのは日本人宿だったため宿の主人に日本語で問題なく事情を話して薬をもらってベッドで安静にしていました。

この日から2日間は地獄でしたよ。

高熱でうなされ腹痛は続き、夜中もトイレとベッドの往復。
もうシャトルランか!っていうくらい往復してました。

もう半泣きです。

「もう勘弁してください。許してください」

心の声どころか実際に口に出して言ってしまいましたからね。

安易にガンジス川に入った自分を恨みました。

結果的には沐浴して3日後になんとか回復しました。

スポンサーリンク

ガンジス川入るなら海外旅行保険は必須

僕は病院には行きませんでしたが入っておいて損はないです。

ゲストハウスの主人とも話して最悪の場合は病院に行くことも考えていました。
海外旅行保険には入っていたので治療費に関しては心配はなかったです。

ちなみに損保ジャパンの海外旅行保険を利用していました。

これは日本出国当日にもネットから申し込めました。

注意
ガンジス川入らなくてもインドを旅行する際は必須です。

ガンジス川に入ったことは後悔してない

元気になった今だから言えることですが入って後悔はしてないです

ただ二度とガンジス川には入ろうとは思いません。

バラナシにきた目的もガンジス川に入るためです。
地獄の2日間はマジで後悔していましたが今となっては良い思い出です。笑

もう一回入ることができるかと言われたら答えはNO!です。

また地獄の2日間を経験するのはお金もらってもやりません。

これからガンジス川に入ると考えている人がいれば入った日を除いて最低3日は様子を見ておいた方が良いんじゃないかと思います。

バラナシの次はほとんどの人がデリーコルカタに向かうと思います。

航空券やホテルなんかは日程を考えて予約したほうがいいです。

ガンジス川で沐浴したから航空券無駄にしてしまったなんてことのないように。

僕はバラナシの後はコルカタに行く予定でしたが危うく航空券を破棄するところでした。

7/3にデリーからバラナシに来て7/7にデリーからコルカタに移動する予定で航空券を取っていました。

ガンジス川に入ったのは7/4です。
僕が寝込んでいたのは5日、6日の2日間です。

もし7/6にガンジス川に入っていたら予定通り旅はできなくなっていました。

沐浴しなくてもガンジス川はいくべき

沐浴しなくても行く価値はあります。

ガンジス川の朝日はとてもきれいです。

これはぜひ見てほしいです。

さきほど紹介したプジャもぜひ目の前で見てほしいです。
お祭りみたいな雰囲気です。

まとめ

ガンジス川で沐浴をしたら高熱と下痢に悩まされました。

正直ブログのネタになると思ったあたり僕もブロガーに近づいてきているんですかね。

ガンジス川に入る際は本当に気を付けてください。

もっと詳しいことを知りたい方はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マレーシア大好き系日本人

1990年生まれ。
イチロー選手と身長と体重がほぼ一緒。
知的障害をもつ兄がいる
未経験からITエンジニアになりました。